2005年09月16日

耐えてる?きつーい一言

勤め人をやっていると、お客さんやら上司やら肩書きの高い人から“きつーい”一言を浴びせられることがありますよね。
人によっては一言どころか、二言も三言も、あるいはしょっちゅう浴びせられている人もいるかもしれません。
きつーい一言って、例えばこんな言葉とか。
「お前はバカか」
「無能なヤツだ」
「そんなこともできないのか」
「だからお前はダメなんだ」
「このマヌケ」
「さっさと辞めちまえ」
「お前なんかいらん」


どうですか、過去にこんな言葉の一つや二つ言われたことはありませんか。
もちろん、上司であれば部下にハッパをかける意味でこういう言葉をあえて吐くケースもないとはいえません。
あるいは言うつもりはなかったのに、その場の勢いでつい口が滑ってしまったなんてことだってあるのではないでしょうか。
私も飲んだときなどに、飲んでいる相手に向かって言ったような気がします。
気がするというのは、そういう時は自制心を失うほど酔っ払っている可能性があるからです。
被害にあわれた皆さん、ごめんなさい。


勤め人の世界、特に競争が激しい世界ではストレスもたまるでしょうから、日々の仕事できつい言葉、激しい言葉も飛び交っているにちがいありません。
早く処理しなければならない仕事の処理に部下がもたついているのを見て、上司が声を荒げて「おい、こら!早くやらんか、このボケが!」と叫んでしまうのは、無理からぬ状況だってあるでしょう。
振り返ってみると、私もたくさんの上司からそんなような言葉を浴びせられてきました。
40代になった今でも言われてますよ(笑)。

以前勤めた会社での出来事です。
私は当時その会社で役員会の事務局を担当しており、役員会が開催される度に会議室の隅に座って議事録を作成していました。
役員会の様子は、肩書きの高い人以外は実態がなかなかわからないもんですよね。
私は仕事柄、様子の一部始終を目撃することができました。
いろんなことを目撃してきましたが、中でも驚いたのは、担当職場では威張って偉そうにしている役員でも、自分たちの親分である社長や会長から散々言われることがあるということです。

かつて、私の上司だったある取締役が仲間の取締役を助けようとして、その取締役のプレゼン中にフォローのための発言をしたことがありました。
するとその瞬間、社長から「お前は黙っとれ!今はお前がしゃべる時じゃない!」ときつーい一言を浴びせられたのです。
一瞬気まずい雰囲気になったのはいうまでもありません。
私の上司だった取締役はバツが悪そうにしながら口を閉ざしました。
その後何事もなかったように議事は進んでいきましたが、きっと社長のきつーい一言を浴びせられた取締役以外の取締役は、自分でなくてよかったと胸をなでおろしたことでしょう。

きつーい言葉を発した本人に悪気はなくても、言われたほうはずっと気になるものです。
後でさらに落ち込んだり、あるいは言った人を憎むようになることだってあるかもしれません。
そうさせないためには、やはり、言った本人が意識して相手のフォローをしてあげることです。
「悪かったな。さっきあんなこと言ったけど、あれは私のほうが理性を失っただけだ。本音ではすごく期待しているだよ」とか何とか言いながらね。
そういうフォローがあるのとないのでは、受け止め方はずいぶん違うと思います。
まぁ何にしろ、勤め人であるかぎりは、今後とも誰かからの“きつーい”一言をもらい続けることになるでしょう。
でも、勤め人の皆さん、どんなきつーい一言を言われても負けないで頑張りましょうね!




yoron at 23:23│Comments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by kochikika   2005年09月17日 09:47
こんにちは。
フォローの有り無しは違いますね。価値観が高度に共有されてる場合は別ですけど、普通は理屈だけでは下がついてきません。10回に1回でもやっとけば違うのに。
2. Posted by ヨロン/竹内富雄   2005年09月18日 00:49
こちきかさん、こんにちは。ヨロンです(^_^)。

そうですね。
理屈だけ言っても周囲は付いてきませんよね。
逆に反発されてしまいかねません。
やはり、フォローは大切だと思います。
3. Posted by himawari36   2005年09月18日 01:39
ヨロンさんこんにちは、久々にコメントします♪

愛ある言葉ならきつくてもわかりますが、
感情で言われた言葉はつらいです。
段々自分がそういうのになれていくのもまた辛いですよね…。
自分は気をつけたいと思います。
下に誰かがいるわけではありませんが、
失言の後のフォローは必ず心がけていきたいです。
4. Posted by ヨロン/竹内富雄   2005年09月18日 02:05
himawari36さん、こんにちは。ヨロンです(^_^)。

うんうん、愛情のこもった言葉ならきつくてもOKですよね。
もっとも、本人がそれを感じ取る必要がありますが。
そうですね、勤め人だからといって慣れてしまうのは恐いですよね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字