2004年07月06日

自立した人間になれ!

「自立した人間」、、、言うは易し行うは難し。

新入社員ならいざしらず、そこそこの社会、仕事経験を積んだ人ならば、物事の良し悪しを自分で判断し、決断し、行動する力を備えていなければならないはずです。

なのに、不思議なことに、組織、それも大きな組織に身を置くほど、自立できていない人間が多いのです。
例えば、日常の仕事の現場で、こんなシーンがしばしばありませんか?


あなたは購買担当者です。
ある日、初めての営業マンが飛び込みで売り込みをしてきました。
営業マンは、早速セールストーク。
「私、○○社のXXと申します。実は弊社ではこのような商品を扱っておりまして・・・」
(実は、この時、売り込みをかけられた会社では、その商品のニーズがあった)

これに対し、あなたは、にべもなく次のように答えていないでしょうか。
「あー、うちはそういうのは一切興味ありません。どうぞお引き取りください」
「うちには長く取引している会社が既にあるので、新規取引の見込みはありません」
「私では判断できかねますので、上司と相談します」
私自身の経験からいえば、こういうやりとりは意外と多かったのです。
実は、私がよくこんなやりとりをしていたからです。

なぜ、こんな返事をしてしまうのか、商品の説明もろくに聞かず、自社のニーズも探っていないのに。
それはつまり、面倒くさいんです。
自分で判断・決断し、その結果に対する責任をとりたくないんです。
社内調整等で余計な仕事を増やしたくないんです、ただでさえ忙しいのに。

これはほんの一例ですが、私が経験した範囲、見てきた(付き合ってきた)人間だけでも、自立できていない言動がたくさんありました。
かくいう私だって、今だに自立できていない人間なのです。
自立した人間とは、例えば、自分の言動に責任が持てる人間です。
その前に、自分がいいと思ったこと、やりたいと思ったことを実行に移せる人間です。
行動力のある人間です。

「こんな会社はつまんない。どこか他にいいところがあるならさっさと辞めたい」とぼやく人がいます。
そのたんびに思います。
だったら、さっさと辞めればいいのではないかと。
自分の人生を、そんな気持ちを抱きながら送るのってもったいないじゃないかと。
そして、こう言いたくなります。
「そんな考えで仕事をやられると、周囲の同僚、会社は迷惑なんだよ」
「そんな人は、どこの会社だって雇ってくれないさ。もし雇ってくれても、また同じさ」

仕事の現場で自立できている人間は、仕事抜きで付き合ってみても気持ちいいです。
会話がすごく楽しいです。
困ったことがあると、相談にのってくれたり、助けてくれたりします、それも自然に。
そういう意味では、仕事の関係から離れたところで付き合ってみると、本当の人間性が見えるかもしれません。

自立した人間になるためのステップ
1.素敵な(素晴らしい)思いを持とう!
2.素敵な(素晴らしい)出会いをしよう!
3.常に「お互い様」であることを意識しよう!
4.自分で考え、自分の判断・決断で行動する習慣を身につけよう!
5.開かれた心で、与えることを多くしよう!

思い立ったが吉日、今日から早速「自立した人間」を目指そう!


yoron at 06:28│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字