2004年07月05日

春うららとハルウララ

すっかり春めいて、全国各地で桜の開花のニュースも聞かれるようになりました。
春うらら♪って感じでしょうかね。
本当に気持ちのいい季節です。

私は今、完全失業状態にあります。
昨年末で会社を辞め、現在は、雇用保険を唯一の収入としながら、就職活動をしています。


失業すると、収入がなくなることの不安、社会から孤立しているような孤独感などが出てきがちです。
このことのデメリットは、覇気がなくなったり、長期化した場合に働く意欲が減退したり、日常生活で引きこもりがちになってしまったりすることでしょうか。

そういうデメリットに対処するためには、誰も面倒は見てくれないので、自分自身で自分を勇気づけ、モチベーションを高める必要があります。
皆さんは、どんなことをやっていますか?

私は、なるべく勇気、元気づけられるものに接するようにしています。
それは、読書から得ているかもしれないし、映画を観ることかもしれないし、人と話すことかもしれないし。。。

そんな私が、最近勇気、元気づけられたこと。

「高知競馬場の“ハルウララ”が頑張っている!」

えっ、それは何だって?
はい、ハルウララというのは、高知競馬場を疾走し続けている競走馬なのです。
この馬が今世間の注目を浴びているわけは、現在全戦全敗で、なおかつ必死に走り続けていることにあります。
私がTVでこのニュースを聞いた時点では、105連敗中とのことでした。

映画『シービスケット』では、負け続けた競走馬(この馬の名前が“シービスケット”)が最後には勝ち、当時どん底の景気にあった米国で苦しい生活を強いられていた人々に感動と勇気を与えたシーンが出てきます。
この映画は、事実に基づいて制作されたものなんだそうです。

負けても負けても走り続け、どんなに苦しくても弱音を吐かず、何かをきっかけに飛躍するというストーリーが、多くの人をひきつけるのでしょう。
もし、このハルウララが勝つようなことがあれば、私ばかりでなく多くの日本人が勇気づけられるかもしれません。
いや、勝つことができなくても、彼(?)の頑張りを知っただけでも私は元気になりました。

頑張れ、ハルウララ!走れ、ハルウララ!そして、悔いのない一生を送ってくれ!

yoron at 06:59│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 元気&感動話 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字