2005年07月06日

今日はだらりと過ごすぞ

昨日で会社を辞め、今日から自由人(フリーマン)になりました。
言葉の響きだけはかっこいいのですが、たんに無職人間(プータロー)になったというだけです。
今朝は雨がしとしと降っています。
雨の日に会社に行くのは嫌なもんですが、そんな気分ともおさらば。
窓の外の雨を眺めながら、風流な気分になっております。
今日一日はだらりと過ごそうと思っています。
会社を辞めた直後って、いつもこんな感じですね。

これまでは読む本もビジネス書が中心でしたが、これからはいろんなジャンルの本を読んでみようかな。
ちなみに今読んでいる本です。
未来をひらく歴史−東アジア3国の近現代史−』(高文研)
この本は、日本、中国、韓国の歴史専門家が共同で編集したものです。
まだ読みかけですが、過去の戦争のことでも、それぞれの国からの見方があって興味深いものがあります。
無職期間中は、仕事を持っているときにはなかなかできなかったようなことをやってみたいと考えています。


yoron at 08:08|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年07月05日

今日は私の“退職記念日”

90d7ecfc.jpg今日は、今の会社の最終出社日でした。
(写真は、最後に所属部署で挨拶した際にもらった花束)
既に業務の引継ぎは終わっていますから、今日は午前中から社内でお世話になった人たちへの挨拶回りをしました。
挨拶回りをしていない時間帯は、メールを読んだり、これまでもらったメールを削除したり、まぁ適当に時間を潰しました。
仕事がまったくない状態というのも、時間を潰すのに苦労しますね。
仕事つながりがないと誰も声をかけてくれないですし。

直属の上司、その上の上司とは退職を決意するまでの間何度か話しをしていますから、今さら話しをすることもありません。
私の所属する部門の部門長は私の席の後方の席に座っているのですが、今日の会話は、(私)「お世話になりました」、(部門長)「頑張ってな」ぐらいなもんでした。
他部門の人たちはそこそこ長い会話をしました。
「なんで辞めるの?」
と聞かれたらそれに答え、
「辞めた後どうするの?」
と聞かれたらそれに答え、
こんな感じで会話のキャッチボールが続きました。
続きを読む

yoron at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

退職日当日の朝を迎えました

いよいよ今日が最後の出社日となりました。
振り返ってみれば、2003年12月に前の会社を辞め、その後就職先がなかなか決まらず11ヶ月間の失業期間を経てやっと決まり、昨年12月に入社したのが今の会社でした。
入社した当初は心機一転ヤル気満々だったのですが。。。
いやぁ、仕事人の人生ってどう展開していくかわからんもんですね。
結果的にいえば、今の会社は自分の肌に合っていなかったということになるのでしょうが、それはそれで学んだこともあったように思います。

7月末までは今の会社に在籍したかたちになるのですが、明日から休暇に入ってずっと月末まで出社しませんので、実質的に明日からはフリーの身です。
自由な時間がたっぷりできるので、せっかくの機会だからやりたかったことをいろいろやろうと考えています。
別のブログ『いつも心に太陽を』で“Sailingな気分”という記事を書いたのですが、今の気分は、まさにロッド・スチュワートのSailingのような気分です。
大海原に向かって進みつつ、目指すは自由、みたいな感じでしょうか。
今朝はすがすがしい気分に包まれています。

yoron at 06:35|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年07月04日

退職前夜

明日は、今の会社の最終出社日です。
正式な退職は7月末付なのですが、6日から有給休暇取得の権利行使というわけで、今月末まで仕事はお休みです。
こういうときだけは、勤め人やっててよかったなぁと思います。
最初の会社のときは、退職前の有給消化はせずに前日まで働いたんです。
でも、2社目は残りの有給日数をしっかり消化しました。
せっかくお金がもらえて休めるのですから、「こりゃ取らなきゃ損だ!」とばかりにとりました。
あさってから長期の休みになりますが、早速いろんな予定を立てました。

今回で3度目の退職になりますが、最初の退職のときに比べたら感慨みたいなもんはなくなりました。
最初の会社のときは、社会人となってその会社しか知らなかったこともあり、人間関係がかなりウェットでした。
仕事が終わってから同僚たちとよく飲みに行っていたし、また休日にもよく同僚たちと遊んでいました。
上司の自宅へ招かれて遊びに行ったこともあります、気を遣いながら。
続きを読む

yoron at 22:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年07月03日

なぜ転職するのか?

転職をする理由は人それぞれでしょう。
理由としてよくあげられるものとしては、例えば、
・現状ではキャリアアップが難しい
・他にやりたいことがある
・家庭事情
・給料が安い
・残業が多い
・休日が少ない
・人間関係がよくない
・会社の将来が不安
・リストラされた
などなど。

キャリアアップが目的でも、その内容はこれまた人によって違うでしょう。
年収やポジションを上げることをキャリアアップと考える人もいるでしょうし、より自分がやりたいことに近づいていくことをキャリアアップと考える人もいるでしょう。
また、年収やポジションについても、1,000万円の部長クラスを狙っている人もいるかもしれないし、経営トップを狙っている人もいるかもしれません。
そういったことを考えると、転職理由というのは転職者の数だけあるような気がします。
続きを読む

yoron at 08:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年07月02日

gooブログ『いつも心に太陽を』

皆さん、こんにちは。ヨロンです(^_^)。
gooにもマイブログを作ってみました。
気に入ったデザインテンプレートを見つけたからなんですが。
タイトルは、

いつも心に太陽を

お時間のある折にでもお立ち寄りいただければ幸いです。




yoron at 10:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 元気&感動話 

第5回ブロガーオフ会【この国のかたち】開催迫る!<参加者募集>

eb0938f9.jpg皆さん、こんにちは。ヨロンです(^_^)。
大阪での開催を予定している第5回ブロガーオフ会【この国のかたち】の開催日が迫ってまいりました。
開催は、来週の土曜日(7月9日)で、参加表明の締切は2日前の7月7日です。
まだ参加者を募集中ですので、当オフ会に参加してみたい方はふるってご参加ください。
(写真は、第1回ブロガーオフ会【ブロガーがゆく】の模様です)
7月1日現在の参加表明者は以下の通りです。
1.のぶくん
2.katsujinさん
3.富岡さん
4.ヨロン(東京からの参加)

オフ会の趣旨は以下をご覧ください。
また、参加要領はこちらをご参照ください。
会場はまだ未定ですが、現時点での参加人数は4名なので、当日飛び込みでどこかの居酒屋にでも入ろうかと考えています。
場所は難波を検討中です。

<オフ会の趣旨>
今回のテーマは、“この国のかたち”。
司馬遼太郎は著書『この国のかたち』で日本という国家について語りました。
今、私たちが暮らしているこの日本という国はどこへ向かおうとしているのでしょうか。
年金制度の崩壊、近隣諸国との摩擦、各種犯罪や事故の増加に伴う安全神話の崩壊、フリーターやニートの増加、等々問題ばかりが山積し、日本という国の前途には夢ではなく暗雲が垂れ込めているように思えてしかたがありません。
このまま成り行きにまかせていいのでしょうか。
明治維新では、多くの志の高い日本人が国の現状や将来を憂い、同士を募って行動したからこそそれが国を変えるパワーになったのです。
問題山積の今こそ、私たちは、一人ひとりが国に対する問題意識を持ち、自らが主体的に“この国のかたち”を描き、語るべきなのではないかと思うのです。
というわけで、同じ思いの仲間で集い、“日本(ニッポン)”について熱く語り合おうじゃないかというオフ会を企画いたしました。

オフ会とは・・・
ネット上でのやりとりがオンラインで行われるのに対し、やりとりしていた人たちが実際に(オフラインで)出会うことをいいます。
正式には、オフラインミーティングとかオフラインパーティとか称されますが、それを略して一般的にオフ会と呼ばれています。
趣味の集いから何かの目的をもったものまで、いろんなオフ会があります。


yoron at 08:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他の話題 

2005年07月01日

辞めたくても辞められない人々

「あー、今の仕事辞めたいなー」と思っている人は、それこそ世の中にたくさんいることでしょう。
で、実際のところ、そう思っている人がどれだけ本当に辞めているかというと、こちらのほうはかなり少ないでしょう。
辞めたくても辞められない理由というのは、人それぞれだと思います。
・他の会社、仕事で働けるかどうか自信がない
・今の環境は他より恵まれているのでなかなか辞められない
・子供の養育費の問題があり辞めると厳しい
・次の就職先が決まっていないので辞められない
・世間の厳しい状況を知るたびに尻込みする
・世話になった会社に「辞めます」という一言が言い出せない
その他いろいろあるでしょう。

私はもうすぐ3社目を辞めます。
私の場合は、独身という身軽さと少しずつ貯めてきた蓄えのおかげで、辞めるということにあまり躊躇しません。
もし、家族がいて生活費の蓄えもなければ、悶々としながらも同じ仕事にしがみついていたかもしれません。
そういう点でいえば、辞めたいと思ったときに辞められる人と辞められない人の違いは、そのときの置かれている環境も大いに影響するでしょう。
続きを読む

yoron at 06:28|PermalinkComments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年06月29日

傷つくことを恐れず第一歩を

何か事を成そうと行動すると、応援してくれる人がいる一方で、必ずその行動に批判的な態度をとる人もいます。
人間、応援されるとつい嬉しくなりモチベーションはぐーんと上昇しますが、逆に批判されたり、冷たい態度をとられると傷つき、モチベーションは下がっていくものです。
仕事の現場は利害関係が渦巻いていますから、自分では周囲の賛同を得られると確信を持って立てた企画も、あるいは良かれと思ってとった行動も、それを快く思わない人からは批判され、反対されることになります。

そういう現実の中で、一喜一憂するのは仕事人の宿命なのでしょう。
きっと多くの会社で、仕事の現場で、多くの仕事人たちが今もなお一喜一憂を繰り返していることと思います。
私の仕事人人生を振り返ってみても、その繰り返しでした。
一つたしかなことは、そういうことを自ら経験し実感するには、何か事を成そうという思いを持ち、それを行動に移すことが必要ということです。
傷つくことを恐れるあまり何もしなければ、周囲の反応はわかりません。
だから言いたいのです。
傷つくことを恐れず第一歩を踏み出そう”と。
続きを読む

yoron at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

2005年06月28日

どこまで我慢しなきゃならんのか

あなたは今、我慢に我慢を重ねながら仕事をしていますか?
それとも、気の向くまま楽しみながら仕事をしていますか?

こんな問い掛けをしつつも、もちろん、仕事というのはどちらか一方だけを選べるほど単純なものでないことは十分理解しています。
楽しいときもあれば、我慢しなきゃならないときもある、それがほとんどの仕事でしょう。
もし願いが叶うのであれば、多くの仕事人が楽しい仕事をしたいと思っているでしょう。
私もその一人です。

ところで、企業社会に身を置いてみると、“楽しむ”というより“我慢する”場面のほうが多いと感じませんか?
給料には我慢料も含まれているといわれればそうなのかもしれませんが、それもまた夢のない話しですよね。
石の上にも三年』という諺や「若いうちの苦労は買ってでもせよ」という言葉もありますが、元来日本人は我慢することが性に合った民族なのでしょうか。
我慢することで人間が鍛えられる面があることはたしかなんでしょうけどね。
続きを読む

yoron at 20:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年06月27日

第4回ブロガーオフ会【志】オフレポート

94917f38.jpg皆さん、こんにちは。ヨロンです(^_^)。

先週の土曜日開催した第4回ブロガーオフ会【志】は、奇遇にも同業界、似たような仕事の人ばかりが集まり、これまでのオフ会とは違った盛り上がりになりました。
(写真はオフ会の模様。3名しか写っていませんがもう2名います)
やっぱり業界人だからこそ知っている裏話などはとても面白いですね。
参加された皆さん、お疲れさまでした&ありがとうございました。
私は今回もまた飲み過ぎてしまい翌朝体調不良でした(笑)。

それでは、オフ会の模様をお伝えいたします。
参加者は、ゼファーさん、原さん、こちきかさん、ヒロさん、ヨロンの5名。
今回は男性だけでしたが、それはそれで大いに盛り上がりました。
気づいてみれば、3軒目までハシゴしておりましたが、皆さん、無事に帰路に着けましたでしょうか。
そーいえば、私が自宅にたどりついた頃、携帯に電話がかかってきて、「これから飲まないか」と誘った人がいましたが、さすがにもう無理でした。
ごめんなさい>誘っていただいた方
続きを読む

yoron at 20:36|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他の話題 

2005年06月24日

ボロクソ言う立場からボロクソ言われる立場へ

仕事人が成長する糧としてはいろいろあると思いますが、私が一つあげたいのは、“ボロクソ言う立場からボロクソ言われる立場へなってみよ”ということです。
ボロクソ言われるには、無難なやり方、目立たない存在ではダメです。
自分が思ったことを行動に移すか、責任ある立場になることです。
例えば、後者の責任ある立場で考えてみましょう。
多くの勤め人にとっては、経営トップになるのはなかなか難しいことでしょうが、リーダー職や中間管理職ならばそこそこの頑張りでなれるかもしれません。

年功序列は崩壊したといったようなことがビジネス書でよく書かれていますが、ところがどっこい、日本企業ではまだまだ年齢の上の人のほうが役職が高いことが多いですよね。
会社に10年も20年も在籍していると、よほどの失敗でもしない限り、会社側も本人のモチベーションアップを狙って役職を与えてしまうのでしょうか。
もちろん、年数が長いこととと能力が高いことは別問題だとは思います。
しかし、長くいること自体が会社の発展に貢献しているという見方をされることもあるでしょうし、それに何といっても長い間に培った社内人脈が活きてくるような気がします。
続きを読む

yoron at 20:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年06月23日

会社からのアクセスはご注意を

6ce442bc.jpg私は自分が運営するいくつかのサイトに「アクセス解析」ができる機能を付けています。
当ブログも少し前から「livedoor Blog PRO」に変更しました。
月々いくばくかの利用料金がかかりますが、アクセスいただいた方々の情報が解析できます。
アクセスした方の中には、「記録がとられているなんて嫌だな」とお感じになる方もいらっしゃるかもしれませんが、運営側からすると、
1.どういう方がどんな方法でアクセスしているのか知る(読者分析)。
2.サイト荒らしが目的のアクセス者をシャットアウトする(迷惑防止)。

という思惑があります。

最近は、アクセス分析に便利なツールが出回っているので、誰でも手軽に付けられるようになりました。
それらのツールを使うと、検索サイトでどういうキーワードを使って検索したのか、どこ(会社、自宅)からアクセスしたのか、IPアドレスは何か(PC1台に1個のアドレスなのでPCが特定できる)、いつの時間帯にアクセスしたのか、何回アクセスしたのか、といったようなデータが把握できます。
続きを読む

yoron at 21:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年06月19日

第4回ブロガーオフ会【志】参加受付締切迫る!

皆さん、こんにちは。ヨロンです(^_^)。

第4回ブロガーオフ会【志】の開催が迫ってまいりました。
開催は今週末の土曜日(6/25)です。
参加受付の締切は、2日前の6/23ですのでご注意ください。

オフ会会場は新宿の居酒屋を予定しています。
現時点での参加人数が3名のため特に予約はしておりませんが、
締切日までに参加人数が増えた場合はお店を決め予約したいと
思います。

なお、6/19現在の参加表明者は以下の通りです。
1.ゼファーさん
2.原さん
3.ヨロン(幹事)

※当オフ会の趣旨、参加要領等の詳細は、こちらをご参照ください。
参加受付締切後、参加者へはメールで詳細をご連絡いたします。


yoron at 19:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他の話題 

“絶対大丈夫”ということはない

JR西日本・福知山線の事故は日本の電車の安全神話を壊したなどといわれます。
安全神話といっても過去にも電車の脱線事故は起きているし、せいぜいそういう事故の発生確率が低いという程度のことなのでしょう。
実はこの「発生確率が低い」という点が重要です。
つまり、人が仕事をする世界では、“絶対大丈夫”というのはそれこそ絶対ありえないということです。
なのに、私たちは、確率が低いと絶対大丈夫と思い込んでしまうところがあります。

例えば、電車や飛行機に乗るとき、ほとんどの人は自分が脱線事故、墜落事故に遭うとは考えていないのではないでしょうか。
スーパーで食品を買うときも、自分が買った商品の中に有害なものが含まれているなんて想像もしないでしょう。
でも、よくよく考えてみれば、さきほども言いましたように、仕事の成果として産み出されるものは、必ず失敗やミスがつきものなのです。
もちろん、現場で仕事をしている人は一生懸命仕事をしているのでしょうが。
続きを読む

yoron at 06:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年06月18日

会社を離れて付き合える仲間はいるか

昨晩は、最初に働いた会社で一緒に仕事をした仲間と飲みました。
久しぶりの再会ということもあって、いろいろな話題で盛り上がりました。
同じ職場にいた頃は、よく飲みに行った仲間です。
今でこそ同じ会社の人とはほとんど飲みに行かないのですが、一回り若かった頃は頻繁に飲みに行ってましたね。
それはそうと、過去に勤めた会社時代の仲間も含めて、社外で付き合える仲間がいるっていいもんですね。
どうせなら、そういう仲間をたくさん持ちたいものです。

会社にいるときは、付き合う人はどうしても職場の同僚や仕事つながりの人が多くなります。
人によっては、会社絡みで付き合っている人の多さに満足し、自分には豊富な人脈があると勘違いする人もいるかもしれません。
私自身、最初の会社を辞めた直後、100人以上の元同僚たちと年賀状のやりとりをし、「おー、会社を離れてもこんなにたくさんの人が付き合ってくれる。人脈とはありがたいものだ」などと錯覚した一人です。
続きを読む

yoron at 07:08|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

2005年06月16日

惨めな自分を語れるか

人間、他人には自分の惨めな姿、失敗した姿を見せたくないものです。
できるだけかっこいい姿、美しい姿、成功した姿を見せたい、これが偽らざる本音というものでしょう。
私だってそうです。
しかし、仕事人人生を長らく送っている間には、惨めな思いをした経験、失敗体験は誰にでもあると思います。
常に順風満帆で成功の連続という人が、はたしているのかどうか。
きっと、そういう他人には見せたくない自分を経験しながら、一回りも二回りも逞しくなっていくのかもしれませんね。

ところで、私がこれまで付き合ってきた人の中で、「この人はすごい!」、「この人とはぜひいい関係を保ちたい」と感じた人は、過去の人生で、惨めな思いをした経験、失敗体験をし、それを(多少脚色されていたにしても)他人に語ってくれる人です。
もちろん、誰にでもペラペラしゃべるということではなく、ある程度親しくなってきたところで語ってくれるようなタイプですね。
たぶん、そういう人というのは、過去のことをふっ切るだけの力があるんだと思います。
続きを読む

yoron at 20:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

2005年06月15日

「手に職」って何だろう?

勤め人がよく口にする言葉に「手に職」というのがあります。
「手に職をつける」という場合、何かその分野で食っていける技術を身につけるといったような意味でしょうか。
たぶん、私のような事務職一本できたような人は、中高年の域に達してそろそろリストラ世代に突入したとき、「はて、私から会社・組織をとったら何が残るのだろう。手に職をつけておくべきだった」などと後悔したりすることもあるような気がします。

ここでふと思いました。
勤め人というのは、本当に手に職がないのでしょうか。
総務部で文書整理を仕事にしている人は、手に職がないのでしょうか。
営業部で営業マンのアシスタントをしている人は、手に職がないのでしょうか。
私は決してそうは思わないのです。
私は、任された仕事を一生懸命やっているかぎり、誰でもその道のプロになることができ、その結果誰でも手に職を持つことができると思うのです。
続きを読む

yoron at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年06月13日

本当にやりたいことは何ですか?

あなたが本当にやりたいことは何ですか?
こんな質問をされたら、あなたはどう答えますか?
勤め人にこういう質問をすると、多くの場合、最初に表面的な答えが返ってくるでしょう。
ちょっと質問を変えて、こんな聞き方をしたらどうでしょうか。
あなたは何のためにそれをする(している)のですか?
そして、答えが返ってくるたびに同じ質問を続けたら、いったいどうなるでしょうか。

例えば、MBA取得を目指して勉強している人にこう質問します。
「あなたは、なぜMBAを取りたいのですか?」
その人からこんな答えが返ってくるかもしれません。
「それはキャリアアップのためさ」
そしたら、さきほどと同じ質問をします。
「あなたは、なぜキャリアアップしたいのですか?」
その人からこんな答えが返ってくるかもしれません。
「それは大きな仕事がしたいからさ」
また質問します。
「あなたは、なぜ大きな仕事がしたいのですか?」
その人からこんな答えが返ってくるかもしれません。
「大きな成果を上げ高い報酬がほしいからさ」と。
続きを読む

yoron at 22:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年06月12日

ブログがビジネスに与える影響

“変化”の波は止められない』という記事で、ブログの現状と可能性について書きました。
そして、ヒデキさんから、ブログをビジネスにするには難しい現状があるとのご意見と関連情報の載った記事をご紹介いただきました。
とても興味深い記事でした。
私も同記事を読んでうなづく部分もありました。
その一方で、日本でブログがお目見えしてブームになり出してからの年月を考えると、いろんな方面への展開というか、影響を与えていくのはまだこれからだと思っています。

たしかに無料サービスを続けているかぎりは、運営企業にとっては赤字が続くだけなので、何か利益を生むビジネスモデルをひねり出す必要があります。
かつて、堀江さんがライブドアを買収する前のライブドアは、無料プロバイダーを売り物にし企業からの広告費を収益源にしていましたが、このビジネスモデルはうまくいきませんでした。
当然ブログでも広告のモデルは考えていると思いますが(実際やってますが)、その他の方法も何かあるかもしれません。
続きを読む

yoron at 18:43|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 世の中を斬る!