2005年02月12日

給料をとるか、仕事をとるか

転職を考えるとき、給料を重視しますか、それとも仕事の内容を重視しますか?
と質問したら、あなたはどう答えますか?
たぶん、多くの人はどちらか一方だけを重視するというのではなく、両方のバランスを考えながら決めていることでしょう。
それはわかっているのですが、あえてどちらか一方を選ぶとしたら、どちらのほうを重視しますか、という質問です。
この質問をこう変えてみたらどうでしょうか?
仕事の内容からいえば転職したいが、給料面では現状より低い会社があるとします。その場合、転職に踏み切りますか、それとも思い止まりますか?

私は過去2回転職をしました。
給料面ではほんのちょっとではありますが上昇しています。
ただ、私は転職にあたっては給料面よりは仕事の内容を重視しました。
好きな仕事でも月給10万円だったら躊躇したかもしれませんが(生活しなければならないので)、月々の生活費を賄える額だったら多少低くなっても転職に踏み切ったでしょう。
続きを読む

yoron at 09:57|PermalinkComments(12)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年02月11日

口やかましい上司はありがたい

何となく感じているのですが、最近“口やかましい”上司って少なくなったと思いませんか?
私の印象では、そういう上司が少なくなったかわりに、ものわかりのいい上司が増えたような気がします。
あと、部下の面倒を徹底的にみるよりは、上司という役割よりは自分のことを大事にしている上司が増えたというか。
時代の流れといえばそれまでなんでしょうが、個人的には少し寂しい気がしています。

流行の言葉でいえば、「コーチング」ができる上司が増えたということなのでしょうか。
部下の気持ちを理解し、部下の立場を理解し、適切にアドバイスができる、、、何とも美しい姿ではあります。
まぁ、たしかに部下の立場にしたら、いつも厳しいことを言われたり、自分のキャパを超えるような仕事を与えられたり、自分の言動についてあれこれ指摘されるのはたまらんでしょう。
上司自ら部下に近づいてくる上司を歓迎するのは当然かもしれません。
続きを読む

yoron at 10:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

2005年02月09日

小手先に走るな

今日まで仕事人やってきて思うのは、仕事を覚えていくうえで、小手先に走るようなやり方は効果的でないということでしょうか。
小手先に走るというのは、例えば、仕事上あまり必要性のない資格の取得に精を出したり、使いもしない英語の勉強をしたり、PCの知識ばかり増やしたり、というようなことです。
まったくの無駄といっているのではありません。
そういうことも時には大切だけれど、仕事人として力をつけるためには、自分が担当している仕事を徹底的に極めることが大事です。

私は現在40代ですが、以前には小手先に走ったことがよくありました。
資格を取ろうと勉強してみたり、英語の勉強をしてみたり、PCのスキルを身につけようと頑張ってみたり。
たしかに、それらの経験はある程度活かされています。
しかし、仕事人としての本質的な部分ではありません。
本質的な部分とは、例えば、問題解決力だとか、リーダーシップとか、交渉力だとか、プレゼンテーション力だとか、そういう能力や行動力です。
続きを読む

yoron at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年02月07日

PCがないと仕事にならん!

あなたは、仕事で日常的にPCを使用していますか?
私は毎日使っています。
PCがないと仕事にならない状況です。
先週、印刷機能に不具合が発生したため、本体を交換してもらいました。
ところが、換えたばかりなのに、今日再び同じ不具合が発生してしまいました。
社内のヘルプデスクの担当者にみてもらったのですが、その間の数時間はまったく仕事になりませんでした。
実は、今日の不具合はまだ原因が判明していないので明日もみてもらう予定です。

会社ばかりでなく、私は自宅でもかなりの時間PCを使っています。
このブログももちろんPCを使って書いています。
あらためて考えてみると、1日の大半をPCの前で過ごしているんですね。
このライフスタイルはすごいことです。
PCの出現以前と以後では、人々のライフスタイルが相当変わったのではないでしょうか。
続きを読む

yoron at 22:18|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年02月06日

“座る位置”と“質問”でわかる姿勢

あなたは、何かの研修や説明会などに参加した際、どの位置に座っていますか?
前の席ですか、真ん中の席ですか、後の席ですか?
また、聴いてわからないことがあったら質問していますか?
それとも、わからなくても質問することなくそのままにしていますか?
私自身の経験から、“座る位置”と“質問”というのは、その人自身のモチベーションを測る重要なポイントだと思っています。

先日、私の所属する本部の方針説明会が開催されたのですが、会場の席は後のほうから埋まっていきました。
説明会後の質問は30分予定されていましたが、質問者は私を含め3人だけだったのですぐ終わってしまいました。
私の会社にかぎらず、おそらく多くの会社でこういう傾向はあるだろうと思います。
大前研一氏が『質問する力』(文藝春秋)という本で質問することの重要さについて書いていますが、私もまったく同感です。
続きを読む

yoron at 11:22|PermalinkComments(0)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年02月05日

言うべきときに言わないのはなぜ?

個人的には、あるいは非公式な場では自分の考え方を述べ、意見を言い、能弁になるのに、本当に言うべき場面、公式の場では一転黙ってしまう人っていますよね。
「トップはこうすべきだ」、「会社はこうなくちゃならん」、「マネージャーだったら、もっとこうしろ」、「こうしたほうが効率がいい」、「このアイデアは絶対儲かるはずだ」等、自分の主張があるのに、今こそそれを言うべきとき、まさにこの人に対して言うべきというところで沈黙してしまいます。

たぶん、その理由としては、“口に出してしまうことで責任が生じ、場合によっては自分に不利益が生じることが怖い”ということがあるんだと思います。
たしかに、人前で堂々と自分の考えや意見を言うのは勇気が入りますよね。
気の弱い人だと反論など出ようもんなら一気にひいてしまうかもしれません。
かくいう私も、言うべきとき、公式の場で思ったことが言えないということがしばしばあります。
そのとき、自分のふがいなさを感じます。
続きを読む

yoron at 10:59|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年02月04日

隣の芝生は青く見える

隣の芝生は青く見えるといわれますけど、今の仕事が嫌だったり、職場が嫌いだったりすると、他の仕事や部署が羨ましく思えるものです。
(似たような記事を以前書いたことがありますが)
そして、そう思えば思うほど、ますます今の仕事、職場が嫌になってきます。
その思いがピークに達すると、会社を辞めたり、異動申請をしたりします。
あなたはそんな経験はありませんか?
私はあります。
最初の会社を辞めたときは、その思いがかなり強かったように思います。

ところが不思議なもんで、次の会社へいったところで、他部署へ異動したところで、再び嫌になり出すのです。
なぜかって?
そりゃそうさ、会社は実際に入社してみなきゃ実態はわからないものだし、他部署にはその部署なりの問題や苦労があるのだから。
会社を辞めたり、他部署へ異動する動機が現実逃避であれば、おそらく同じ状況が繰り返されるだけでしょう。
続きを読む

yoron at 20:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年02月02日

舞台裏に仕事人の真髄がある

もう何年前になりますでしょうか、私が広報マンだった頃、あるTV局のドラマ制作のために、勤務先の建物を舞台に使ってもらったことがありました。
単発の2時間ドラマでしたが、主演女優が南野陽子さん、男優が山下真司さんでした。
私がこの依頼を直接受けたので、会社は土曜日で休みでしたが、朝から出社して世話係をつとめました。
TV局の撮影クルーは、ドラマの中のオフィスシーンを撮影したかったわけです。

私以外にも上司と同僚2名が協力のために出社してくれました。
実際TVで放映されたシーンは、2時間のうちほんの数分間だったのですが、撮影自体は朝から夕方まだ続きました。
私はそのとき初めてTV番組の撮影現場を間近でマジマジと見ることができたのですが、ドラマ制作というのは同じシーンを納得いくまで何度も撮り直すもんなんですね。
南野陽子さんは同じ表情を何度もつくっていましたが、ただただすごいなーと思ったものです。
続きを読む

yoron at 22:04|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

2005年02月01日

一番難しいのが「意識改革」

会社を取り巻く環境が変わったとき、社員に求められるのが「意識改革」です。
なのですが、言うは易し行うは難しなのがこの意識改革です。
想像ですが、おそらく多くの会社で、経営トップのメッセージの中に意識改革という言葉が入っているのではないでしょうか。
「昨今当社を取り巻く環境は一段と厳しさを増し、うんぬんかんぬん、全社員は新しい時代、環境に対応できるよう意識改革が必要です」とかなんとか。

私がこれまで勤めた会社でもこの言葉を何度も聞きました。
しかし、意識改革といっても、長年親しんだ慣習ややり方と訣別し、すぐに新しい意識になれるかというと、そう簡単にできるものではありません。
特に過去の成功体験があればあるほど、また慣習が骨の髄まで染み込んでいればいるほど変えられないのがふつうです。
私自身も今の考え方や慣習を今すぐ変えろと言われても、たぶんなかなかできないと思います。
続きを読む

yoron at 20:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

2005年01月30日

仕事人の世界にこだわる理由

私のブログは、一貫して“仕事人の世界”がテーマになっています。
そして、書く内容は自分が経験したことが中心になっています。
なぜ、私はこれほどまでに仕事人の世界にこだわっているのか?
それは一言でいうと、一番身近であり自分自身の考え方、主義主張が試される世界だからです。
国際社会について論じるのもいいでしょう、日本社会の動きや政治経済について論じるのもいいでしょう、自分の趣味について語るのもいいでしょう。
しかし、そういったことを論じたところで、語ったところで「自分が実際に何かに貢献している」という実感がわかないのです。

もちろん、政治であれば、選挙があるときには棄権せず必ず一票を投じています。
でも、一票を投じるという行為で政治が身近になったとは思いにくいのです。
それよりは、毎日会社に通勤し仕事をしているので、仕事の世界のほうが身近に感じるのです。
また、自分が日頃思っていることを実現しやすいのも仕事の世界なのです。
続きを読む

yoron at 18:38|PermalinkComments(2)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年01月29日

物事はシンプルに考えよ

世の中のしくみはたしかに複雑です。
会社のしくみだって、組織が大きくなればなるほど複雑になります。
大企業の社内で使われている書類を全部理解するなんて到底できるものではありません。
裏をかえせば、社員は知らず知らずのうちに、自分たち自身で複雑な構造をつくり上げていっているといえます。
そして、その結果、自分たち自身が業務を理解するのに苦労するという悪循環に陥っているのです。

かつて経験したことがありますが、社内に規程類が多すぎるため、規程全体を管理する「規程管理規程」なんてものがある会社にいたこともあります。
規程というのは、ご存知のように、「総則、第1条、、、」といように法律のような文言がだらだら書き綴られているやつです。
私はある時気づいたのですが、実は多くの社員が規程なんぞまともに読んでいないのです。
読んでいるのは、おそらく、規程そのものを作成した人や一部の関係者ぐらいなもんでしょう。
続きを読む

yoron at 09:34|PermalinkComments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年01月28日

人事評価って難しいな〜

あなたは、人事評価をする立場ですか?それとも評価される立場ですか?
もちろん、評価する一方で評価される立場にいる人もいるでしょう。
私は今の会社ではマネージャーというポジションですが、入社して間もないということもあり、現在は部下を評価する仕事はしておりません。
評価といっているのは、年度末に昇進・昇格、昇給に影響を与える人事評価を行うことをさしています。

ただ、先日、上司から「ヨロンさんには、今後部下の人事評価もやっていただきたいと思います」と告げられました。
前職時代は部下を持って人事評価をしたこともありますが、人事評価っていつやっても難しいですね。
仮に自己主張の強い部下の主張を全面的に認めた評価だと甘過ぎるし、かといって部下がやる気を失うような辛過ぎる評価ではいけないし、たぶん、多くの上司は悩みながら、考えながら1人ひとりに評価をつけているのではないでしょうか。
続きを読む

yoron at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年01月25日

この上司にしてこの部下あり

仕事人にとって、上司の与える影響は大きいですよね。
「いや、私は自分流を通している」と本人が言ってみても、周囲からみると“この上司にしてこの部下あり”と感じることは多々あります。
なんてたって、日々上司から指示命令を受け、その通り対応することが習慣化しているわけですから、そうなってしまうのはむしろ自然なことです。
そういう意味では、良き上司に恵まれるということは幸運なことなのです。
周囲から「○○部署は、○○なんだよな〜」と特徴付けられると、それは部署長の性格や仕事のスタイルが反映された結果なのかもしれません。

周囲でいい評判のたつ部署なら働きがいもあるのでしょうが、逆だと辛いもんがあります。
責任逃ればかりする上司、頑固でいつも他部署と軋轢を起こす上司、マネジメント能力のない上司、そんな上司のもとで働いていると、周囲から同情されたり、自分自身も腐ってしまうことがあります。
もちろん、反面教師として頑張る人もいます。
続きを読む

yoron at 21:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年01月23日

我、何かを為さん

為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり
名藩主とうたわれた米沢藩藩主・上杉鷹山の歌として知られています。
この歌は、戦国武将・武田信玄が詠んだ「為せば成る 為さねばならぬ成る業を 成らぬと捨つる人のはかなさ」という歌がもとになっているといわれます。
為せば成る」というのは諺にもなっていますが、その気になってやればどんなことでもできるという意志の大切さを教えた言葉です。

仕事人としては、常に肝に銘じておきたい言葉ではありますが、しかし、よほど意志の強い人でないかぎり、往々にして現実(困難)を目の当たりにして諦めてしまったり、挫折したり、やる前から早々にやる意志さえ失ってしまうということがあるのも、悲しいかな現実です。
今の日本社会はおかしい、このまま行くと大変なことになる、今こそ社員一丸となって頑張らなければ会社がダメになる、こんな仕事のやり方は効率が悪い、、、頭の中ではわかっていても、果たして何人の人が立ち上がって行動を起こしているのでしょうか。
続きを読む

yoron at 11:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 元気&感動話 

2005年01月22日

仕事人と働く環境の関係

25bf2ce2.jpg今週から勤務地が有楽町(東京)になりました。
(フランク永井さんが歌っていた“有楽町で遭いましょう♪”の有楽町です、ご存知?)
今の会社には昨年12月に入社したのですが、所属部署の仕事が2つのオフィスに分散しているため、先週まではもう一方のオフィス(神田)に勤務していました。
働く場所が変わると新鮮な気分になりますね。
有楽町は、都会のオフィス街というイメージです。

考えてみれば、仕事人にとって“働く環境”は大きな影響を与えますよね。
環境の中には、地域もあれば、オフィス環境、社風など諸々のものが含まれます。
中でも地域やオフィス環境は最大の関心事かもしれません。
地域でいうと、私は社会人になって以来、中目黒、市ヶ谷、仙台、名古屋、神田、有楽町と勤務地が変わっています。
東京以外では、仙台と名古屋への赴任経験がありますが、住み慣れた地を離れ遠方の地域へ移ると、まずはカルチャーショックに見舞われます。
続きを読む

yoron at 08:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年01月20日

大事なのは“入り”と“出”をおさえること

bd6c1a18.jpg前職を辞める時、ある同僚からこんなことを言われました。
「ヨロンさんが羨ましいなぁ。私なんか能力がないから転職なんかできないよ」と。
この同僚にかぎらず、過去、多くの同僚たちが同じようなことを言うのを聞きました。
つまり、自分がやってきた仕事は価値が低く、それゆえそんな仕事で身につけたスキルなんて大したことはないと思っちゃっているわけです。
謙遜で言う場合もあるでしょうが、本当にそう考えている人もいるのではないでしょうか。

実は私だって、自分の能力を高いとは思っていません。
会社を辞めるかどうかは、その人の生き方の問題であって、能力は関係ないのです。
たしかに、常にキャリアアップを意識しながらステップアップする転職を続ける人もいるでしょうが、一方で、キャリアダウン覚悟で、あるいはたんに今の仕事が合わないからという理由で辞める人もいるのです。
続きを読む

yoron at 22:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年01月19日

問題があるから会社は面白いのだ

今日の夕方、職場で同僚とうちの会社の問題点について意見交換をし、大いに盛り上がり(?)ました。
早い話が、「うちはよそに比べ、いろんな面が遅れているよな〜」ってことです。
あなたの会社にもいろいろな問題があると思いますが、率直なところ、あなたは、そんな問題を抱えた会社に対してどう思いますか?
もうウンザリだ、やってられん!」という思いですか、それとも「自分がこの問題の一つでも解決して会社を良くしてやろう」という思いですか?

私は年齢的なものと転職したばかりということも関係あるかもしれませんが、現在は後者の考え方のほうが強いですね。
そもそも、なぜ今の会社が私を採用したかといえば、そういった諸々の問題を解決してほしいという期待があったからだと思うのです。
ということは、逆にいえば、問題がなければ私は採用されなかったわけです。
そういうことを考えれば、“たくさんの問題がある→私の活躍の場がある→私の食い扶持が確保できる”という図式が成り立つのではないか、と思っているところです。
続きを読む

yoron at 19:49|PermalinkComments(6)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年01月16日

いろんことに首を突っ込め

0eb35792.jpgサラリーマン的感覚で仕事をしていると、与えられた仕事、言われたことだけやっていればいいというふうになりがちですが、その感覚で長い間仕事をしていると、気の毒ではありますが使えない仕事人になってしまいます。
(私は、後向きの姿勢で仕事をするタイプを“サラリーマン”、前向きの姿勢で仕事をするタイプを“ビジネスパーソン”という区分にしています)

使える仕事人というのは、実践経験に裏付けられたノウハウ、スキルを持ち、きちんと成果を出せる人です。
逆に、使えない仕事人というのは、実践経験がなく、それゆえ、ノウハウやスキルのようなものは一般的知識の枠を超えない表面的なものしか持ち合わせていない人です。
また、使えない仕事人というのは、なんだかんだ言い訳しながらあまり仕事をしたがらないタイプです。
続きを読む

yoron at 12:01|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年01月15日

ゴマすって何が悪い

ゴマすり”というと、何だか嫌らしいイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。
「あいつはゴマすりだ」という言葉には、卑怯者、情けない人というニュアンスが含まれているように思います。
過去の人生では、私もきっと陰で誰かにそう言われたこともあったかもしれません。

ところで、一人前の仕事人というのは、仕事のやり方を知っていて、自分の仕事をきっちりやれる人のことです。
私たちは、社会人になったからといって急に一人前の仕事ができるわけではありません。
会社から仕事を与えられ、誰かに仕事を教わりながら、地道に一つひとつの仕事を覚えていくことがスタートになります。
続きを読む

yoron at 07:43|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2005年01月14日

自然に頭を下げられますか?

近所の蕎麦屋でたまに蕎麦を食べたり、ビールを飲んだりします。
店員の応対がいいのと、蕎麦も美味しいのでこの店をわりと気に入っています。
でも実は、一つだけ気に入らないところがあります。
それは何か。
私はその店にとっての常連客とはいえないまでも、店員に顔を覚えられるぐらいの回数は足を運んでいるつもりです。

なのに、近所を散歩中に店員の1人にバッタリ会っても、挨拶どころか会釈の一つもされないのです。
私はその店員の顔をよく覚えています。
その店員は過去何度も私に蕎麦やビールを運んできたり、支払いの際レジでも顔を合わせています。
私が覚えていても相手が覚えていないといえばそれまでではありますが。
でもね、こんなんで客商売が成り立っていいのかななんて思うわけですよ。
続きを読む

yoron at 20:43|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び