2004年10月09日

壁にはぶち当たれ!

あなたは、行く手を阻む壁にぶつかったとき、ぶち当たりますか、それとも引き返しますか?

引き返す選択をしてうまくいくのであれば、そのほうが賢明という考え方もあるでしょう。
何も無駄にエネルギーを使う必要もないのもしれません。
しかし、その壁を壊す以外の選択肢がない場合、あなたならどうしますか?
続きを読む

yoron at 17:15|PermalinkComments(4)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

2004年10月08日

崖っぷちから生還した人の強さ

崖っぷちから生還した人は、何といっても精神的に強い!

さる6月12日、NHK教育で『ETV特集・選−生きてこそ人生幸あり−』という番組を放映していました。
内容はといえば、会社経営に失敗し追い詰められた男たちが、一旦は絶望のあまり自殺を考えたり、自殺未遂まで経験しながら、最後の最後で踏みとどまってそこから再起していくという物語でした。
男たちを崖っぷちで救ったのは、同じ経験をした経営者仲間であったり、奥さん、家族などでした。
続きを読む

yoron at 15:26|PermalinkComments(6)TrackBack(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 元気&感動話 

2004年10月07日

パーソナル・スペースって何?

相手との関係がどういう関係なのかによって、その人との距離をどれぐらいに保ったほうが快適かというのが人それぞれにあるんだそうで、これを、心理学の世界では、「パーソナル・スペース(個人空間)」と呼ぶようです。

つまり、一種の動物の縄張りのようなもので、この縄張りが侵されなければ心地良く、逆に侵されれば不快になるということです。
この距離が人によって違うというのは、人は誰しも、好意を持っている人とは近い距離にいても平気だけれど、好意を持っていない人とはできるだけ離れていたいものなので、この距離のとり方はお互いの人間関係で違ってくるという意味です。
続きを読む

yoron at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

2004年10月06日

自動説 vs 他動説

人間世界というところは、自分が他人の周りを動いているのか?
(仮にこれを「自動説」と呼ぶ)
それとも、他人のほうが自分の周りを動いているのか?
(仮にこれを「他動説」と呼ぶ)

あなたは、どちらの説を支持しますか?
私は、、、「自動説」を支持します。
私なりに考え、世の中の物事や出来事を観察した結果、自分のほうが他人の周りを動き回って生きているという結論に達しました。
続きを読む

yoron at 15:48|PermalinkComments(7)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

2004年10月05日

転職の難題

転職したときの最大の難題といえば、「いかに新しい人間関係をつくるか」です。

これがうまくできるかどうかで、その後の仕事人人生が決まるといっても過言ではないでしょう。
前職で大活躍し実績を上げた人であっても、この人間関係づくりに失敗すれば鳴かず飛ばずになってしまう可能性は大いにあります。
私自身、転職の経験があるので、新しい会社、職場での新しい人間関係づくりがいかに大変であるかを身にしみて感じております。
続きを読む

yoron at 15:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2004年10月04日

宝の持ち腐れ

Daietせっかく持っているのに(身につけているのに)、それを活かせないでいませんか?
こういうときに、“宝の持ち腐れ”という言葉を使うんでしょうね。

写真は、私が通販で買ったダイエット用マシンですが、買った日に2、3度使った以外はまったく使っていません。
ほんと、何のために買ったのやら。。。
これにかぎらず、私の場合、過去にこんなことが何度もありました。
ゴルフセットを買ったのに一度もコースを回らず、スキー用品を買い揃えたのにたった数回しか行かず、通信教育で英会話教材を買ったのにほとんど活用せず、などなど。
続きを読む

yoron at 14:22|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他の話題 

2004年10月03日

出世はお嫌?

2d3e9220.jpgあなたは、出世を望みますか?

私は、社会人になって以来長い間、勤め人というのは出世を望むもんだとばかり思っていました。
主任になって、係長になって、課長になって、うまくいけば部長、役員になって、その過程で役得や給料も増えて、、、こんなシナリオを描くにちがいないと。
だから、会社、上司から評価されると素直に嬉しいだろうなと考えていたのであります。
続きを読む

yoron at 15:43|PermalinkComments(10)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2004年10月02日

仕事には優先順位を付けよう!

d5200a1b.jpg仕事が次から次へ押し寄せてきて、あっぷあっぷ状態になっていませんか?
あっちこっちから催促されてパニックに陥っていませんか?
できる仕事人は、仕事に優先順位を付けています!

周囲の仕事人を観察していると、できる仕事人とそうでない仕事人に違いがあることがわかりました。
その違いが両者を分けているようです。
その違いとは何か、、、それは、「仕事に優先順位を付けて取り組んでいるかどうか」ということです。
すなわち、できる仕事人は、やらなければならない仕事に優先順位を付けているのに対し、そうでない人は何でもかんでも一緒にしてやっているようなのです。
続きを読む

yoron at 15:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2004年10月01日

『2:6:2の法則』をご存知ですか?

あなたは、『2:6:2の法則』というのをご存知ですか?
企業は人なり」とよくいわれますが、企業を構成している人はある分類により20%、60%、20%という比率になっているんだそうです。

その分類というのは、、、
上位20%の人は、会社の方向性をつくり、他の社員をリードする。
中位60%の人は、会社の方針に従い、可もなく不可もなく仕事をこなす。
下位20%の人は、いわゆるダメ社員で、ただぶらさがっている。
続きを読む

yoron at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2004年09月30日

勉強しよう!

techoあなたの夢は何ですか?
夢の実現に向って勉強してますか?


社会人になってから本当の勉強が始まるなんてこともいわれますが、私自身の経験からも、社会人になってからの勉強は実践的だし、勉強するテーマはいくらでもあるように感じます。
仕事で直面する問題・課題に取り組んでそれを解決しようとすると勉強が欠かせません。
勉強というと、難しいことに取り組むとか、苦労するというイメージを抱く人も多いと思いますが、何かに興味を抱くことさえすれば、そこから先の行動はすべて勉強につながるんだと思います。
続きを読む

yoron at 17:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

2004年09月29日

今のままでいいの?

あなたは、今のままでいいんですか?
今がそのまま続くなんて幻想なのに。。。


組織というのは何となく居心地がいいせいか、自分自身の問題を先送りさせてしまう魔力があります。
自分で考えて、行動して、その結果を享受するという流れではなく、自分のことを他人が考えて、他人が動かし、結果は自分以外の人も享受するという流れになっています。
要するに、自分のことなのに、自分任せではなく他人任せになっているということです。
続きを読む

yoron at 08:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

2004年09月28日

給料ドロボーになってませんか?

bae3fcd7.jpgあなたは、“給料ドロボー”ではないという自信はありますか?
私ですか?
うーん、正直申し上げて自信がありません。

勤め人は、「働き過ぎている」だの「労働のわりには給料が安い」と思いがちですが、それは事実なのでしょうか。
ダラダラと長時間働いているだけ、利益にあまり貢献しない労働しかやっていないということはないのでしょうか。
続きを読む

yoron at 12:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2004年09月27日

自分の仕事は自分で創れ

長い人生の中では、予期しなかったことがしばしば起こります。
だから面白いのかもしれません。

最初の就職先を選んだとき、当時の私の頭の中には、
・大企業(東証一部上場)であること
・会社名が世間で知られていること
・事業内容がかっこいいこと
こんな選択基準ぐらいしかありませんでした。
で、結果的に、何となくそんな感じの会社に入社したわけです。
続きを読む

yoron at 15:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 歴史&思い出 

2004年09月26日

“健康 is 癸院匹覆里

ac8869a8.jpg1ヶ月ほど前に、新宿の東急ハンズで買ったのが写真の足ツボ健康グッズです。
ただひたすら踏むだけです。
最初は、「イテテッ」と言いながら我慢して踏んでいたのですが、最近はすっかりはまっています。

朝起きた直後に踏むのを皮切りに、自宅にいる間は頻繁に踏んでいます。
説明書によれば、痛さを感じるときは体のどこかに異常があるんだとか。
踏むだけで健康になれるんならってんで毎日の日課にしている次第です。
続きを読む

yoron at 14:03|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他の話題 

2004年09月25日

“秘め事”の在庫を減らそう

これまでずっと秘めてきた事を他人に語れるようになったとき、心の中で何かがふっ切れることってありますよね?

長い間生きていれば、誰しも他人には知られたくない“秘め事”が一つや二つぐらいあるものです。
人によってはもっとたくさんあるかもしれません。
自分の生い立ちのことかもしれないし、家族のことかもしれないし、他人との人間関係のことかもしれないし、その他の出来事かもしれないし、秘め事は人それぞれ違うでしょう。
続きを読む

yoron at 10:21|PermalinkComments(0)TrackBack(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 人間バンザイ! 

2004年09月24日

“縁の下の力持ち”に感謝!

常に存在を意識し感謝したいですね、“縁の下の力持ち”。

物事が進む裏には、必ず縁の下の力持ちがいるものです。
組織で仕事をする上では、いろんな人たちの協力が必要になるわけですから、仕事に関わった全ての人が縁の下の力持ちのような存在といえるかもしれません。
続きを読む

yoron at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2004年09月23日

継続は力なり

2edc1529.jpg継続は力なり

頭の中ではわかっていてもできないのがまさにこれです。
あなたは、現在習慣として続けているものは何かありますか?
えっ、ブログですか?
それだって、続けていれば立派なものです。
書き始めたはいいが途中で挫折した人はたくさんいるのではないでしょうか。
しかも、最初はかなり意気込んで始めたにも関わらず。
続きを読む

yoron at 09:15|PermalinkComments(8)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他の話題 

2004年09月22日

「友人」と「知人」の違い

あなたにとって、友人はどんな存在ですか?
知人はどんな存在ですか?

友人」、「知人」という言葉を、「友人・知人、友人や知人」というように一緒に使うことが多いと思いますが、人間関係でいえば友人と知人の意味は違います。
知人から友人に変わっていくことはあっても、逆に友人が知人に変わるということはあまりないのではないでしょうか。
続きを読む

yoron at 08:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック その他の話題 

2004年09月21日

あなたの専門は何ですか?

What is your specialty?
「あなたの専門は何ですか?」と聞かれたら、あなたは答えられますか?
答えるとしたら、どう答えますか?

仕事人を長くやっていると、誰でも何か専門分野が1つや2つぐらいあるといわれます。
人事の仕事を何十年もやってきたとしたら、ふつうに考えれば、その人は人事分野が専門ということになるでしょう。
続きを読む

yoron at 19:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び 

2004年09月20日

熟練技能者の技は宝物だ

昨日に続き、NHKのニュース番組の「大定年時代」という特集からの話題です。

ある製造企業では、熟練技能者であることを意味する“マイスター”の認定制度を設け、ベテラン社員の中から特に優れた技能者を選んで認定しているそうです。
そして、マイスターになった彼らの任務は、後輩たちに自分たちの技能を伝承していくことだそうです。
続きを読む

yoron at 08:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 仕事人の叫び